MESSAGE /

代表

あなたらしく、ワムらしく。
ありがとうの笑顔を増やそう。

私の目標のひとつはワムから経営者を輩出すること。 ですから本気で夢を語り合い、人生のパートナーとして共に成長できる方と一緒に仕事がしたいと思っています。社長である私の仕事はワムの未来を設計すること、社員が最も力を発揮できる環境とチャンスを作り出すこと。「社内ベンチャー制度」を設け、全面的にバックアップする体制も整えました。 ワムで成長し、経営者としての能力を身につけて独立し、ワムのDNAを受け継いでくたら、これほど嬉しいことはないと思っています。

社員全員が「やりたいことをやる」意味

弊社が展開している事業は、健康美容関連商品を扱う商社部門、エステサロン部門、医療・福祉を行うSB(ソーシャルビジネス)部門の3つです。はじめは商社部門だけでしたが、社員の声から新しい部門が生まれていきました。 ワムは社員が「チャレンジしたい!」と声を上げれば、積極的に挑戦させる社風です。なぜならば、私たち人間はやりたい事をしている時が一番パワフルだからです。 3つの事業の内容は異なりますが、その根っこは全く同じで、仕事はすべて「人間が、人間の幸せの為にやること」で成り立っているのです。

「各自の成長速度に合わせた共育」この考え方がワムの強み

弊社には、優秀な学生ばかりが集まっているわけではありません。 しかし、入社2年を過ぎても芽が出なかった社員が、3年目には周囲が驚くような結果を出して、大活躍をすることもあります。早く小さな実を付ける人も、ゆっくりだが大きな実を付ける人もいる。それが個性。じっくり実がつくまで育てる。それが、ワムの強みだと思います。 ビジネスは人と人との接点にあるものです。どんな商品、サービスを扱っていても、それを提供するのは人です。 購入し、消費するのも人ですよね。 だから、人を好きになれる人でなければビジネスはできないと思っています。また、人を好きになれるから、人を支えることもできるのではないでしょうか。 弊社の社員は、「人を好きな人」ばかりです。これも、ワムの強みです。

目指すはベンチャーの常識を覆した「ネオベンチャー」

ベンチャー企業には様々なイメージがあります。私はワムを、マイナスイメージを感じさせない「ネオベンチャー」にしたいと考えてきました。 現状でも「良好な労働条件」「自由な社風」「新規市場への挑戦」など、いくつかの要点はクリアされ、理想に近づいています。ですが、社員は「ワムをもっと良くしたい」という想いが強く、理想の実現までまだまだのようです。 社員の誰もが幸せになれる「ネオベンチャー」という理想を実現するには、新しい感性と意欲を備えた人材をもっと増やしていかなければいけません。 この想いに共感してくれる方に期待しております。

代表取締役社長 横田稔